消えた1ドル

富士化学工業のブログにお越しいただきありがとうございます。

私が最近面白いと感じたクイズを出したいと思います。

 

旅の途中の3人の男がホテルに入りました。

そのホテルで空いていた部屋の宿泊代は一泊30ドル。

3人は110ドルずつ支払い、一晩泊まりました。

翌日になり、ホテルのオーナーは部屋代が本当は25ドルだったことに気がついたので、

差額を返すためにボーイに5ドル渡して返金してくるように言いつけました。

ところがボーイは2ドルを自分のポケットに入れてしまい、3人には1ドルずつ返しました。

 

ここからが問題です。

3人の男は結局宿泊代を19ドルずつ支払ったことになり、合計は27ドルです。

それにボーイがポケットに入れた2ドルを足すと、29ドルです。

あとの1ドルはどこへ行ったのでしょうか。

 

問題の答えは調べればすぐに出てくると思うので気になる方は調べてみてください。

以上、製造二課でした。

 

飛行機撮影

富士化学工業㈱の業務ブログへの訪問ありがとうございます。

今回のブログは、総務部総務課が担当致します。

早速ですが、私の趣味の写真についてお話ししたいと思います。

カメラをいじって40数年が立ちますが、撮影の範囲は「風景」「花」「乗り物」を中心に季節に応じて撮りに行っている次第です。最近は、飛行機撮影にはまり「成田空港」や「羽田空港」そして「自衛隊の航空祭」等、撮影場所を選び年に10数回出かけていました。

然しながら、今年は新型コロナウィルスの影響で中々撮影に出かける機会が無くて非常に残念ですが、今回は飛行機撮影についてお話してみたいと思います。

飛行機撮影は、当日の天候・風向き・光の加減等で中々満足出来る写真を撮るのは難しいのですが面白味はあります。最近では成田空港近くの「さくらの山公園」を中心にして、「ひこうきの丘」等で撮影しますが、お勧めは「春のさくらの山公園」です。桜が満開の時期は多くの飛行機マニアや見物客で賑わい、交通渋滞も発生しますが間近で見る飛行機の迫力(大きさと爆音)と満開の桜は一見の余地があります。成田は国際線ですから、数々の大型飛行機(現在の主流はエアバス社A380で総2階建て500席以上)から中型機・小型機など多数の飛行機が飛び交います。(現在はコロナウィルスの影響で少ないですが)

その中でも日本で最初にエアバスA380を導入したのは、ANAで成田~ハワイ間(FLYING HONU 通称:空飛ぶウミガメ 3機導入)20195月24日1号機(ブルー 「ハワイの空」をイメージ)が就航しています。2号機(エメラルドグリーン 「ハワイの海」)2019年7月就航、3号機(サンセットオレンジ 「ハワイの夕陽」)2020年就航予定でしたがコロナの影響で延期されています。見ごたえ迫力共に充分です。どちらの公園も面白いのは飛行機マニアの方々の色々な講釈を聞ける事だと思います。飛来する航空会社や特別塗装機等何時頃どういう機体が来るかなど説明してくれたり、ご自分で撮影した写真を配布したりもしてくれる場合もあります。

もう一つは、航空自衛隊が主催している「航空祭」があります。関東近辺では、「入間航空祭(埼玉)」と「百里基地航空祭(茨城)」があり、見どころは今年60周年を迎えた「ブルーインパルス」のアクロバット飛行だと思います。見ごたえ迫力共に充分で、それ以外にも多くの自衛隊機を見る事が出来ます。興味がある方には最高です。これを目当てに毎年入間は約20万人、百里は約5万人の来場者がいます。

皆様、コロナウィルスが収束したら、是非一度訪れて見ては如何でしょうか。

 

成田空港「さくらの山公園」FLYING HONU 1号機」

成田空港 春、桜満開時の「さくらの山公園」

羽田空港「新型 政府専用機」

癒しを求めて

弊社HP並びにブログをご覧いただきまして誠にありがとうございます。

今回は八千代工場 品質管理課が担当させていただきます。

早いものでもう師走、皆様お変わりなくお過ごしでしょうか。

先日夫婦で実家(茨城)の、少し早い大掃除を手伝いに行ってきました。久しぶりの重労働にへとへとになり、その帰りに癒しを求め稲敷市にある「こもれびの森イバライド(旧名称:ポティロンの森)」へ。

入口の先にある花壇には、コスモスや秋咲きのヒマワリが満開で、モミジやイチョウの木が色づき始めとてもきれいです。

写真を沢山撮ってきました!どうぞ御覧ください!

 

牧場エリアでは羊追い込みショーを見学。シープドックのジョン君(確か)が羊の大群を柵へ追いやる姿は見ごたえ十分でした。ポニーやヤギのえさやり体験後、ジョン君が座っていたので、近づいて撫でさせてもらいました。

近づくと座っていても高く大きくて筋肉質な体で迫力があり、とてもかっこよく、一目で二人ともファンになってしまいました。

はい?ジョン君の写真は・・・・。そうなんです。撫でるのに夢中で写真を撮り忘れてしまいました。。ぜひ皆様は現地に行ってかっこいい彼をその目でご確認ください!

他にもイバライドにはシルバニアパークやお子さんが楽しめる遊具等、見どころがたくさんありますので、皆様も近くにお越しの際はぜひ寄ってみて下さい。

スキューバーダイビング

皆様どのように気分転換していますか?仕事や家事、人間関係など、何かとストレスの多い世の中です。ストレス解消の為にも日常を離れて気分転換するのは必要な事と思います。その方法は読書や映画鑑賞、スポーツ、ゲーム、酒、ギャンブル・・・手軽に出来るものから時間やお金が必要なもの、深入りすると身を滅ぼしかねないものまで色々あると思います。

人それぞれですが、理想的なのは、頭の切り替えが早い人、会社を一歩出たら即休暇モードへ。世の中には仕事中もほとんど趣味の事ばかり考えているツワモノもいるようですが、私はどちらかというと切替え下手のタイプです。オフの時も悪い意味で何となく仕事のことが頭から離れない方で、これは実は結構、日本人に多いのではないでしょうか。このタイプは、当然非日常への切替えも下手で工夫が必要です。

ストレス解消の為に始めたわけではありませんが、ちょっとした縁で始めたスキューバーダイビング、有無を言わさず非日常へ切替えてくれます。まずは海岸や船上で身の回りの機材準備、命に係わる呼吸や浮上に必要な事ですし、他の同行者を待たせたり出来ないので、余計な事を考えている余裕はありません。そして水中エントリー、日常で当たり前の呼吸を、意識的にしなければならず(上級者は自然と出来るようですが)、ペアを組むバディやインストラクターとはぐれない事、綺麗な魚を探したり、と、色々忙しい。概ね『一回40分前後、最大水深20m程度の水中活動⇒小一時間の休息』を3セットするのが一般的なスケジュールです。

休憩中も、写真のチェックや昼食、初めてご一緒する方々との情報交換など、すぐに時間は過ぎていきます。本格的に始めるにはCカードなるライセンスを取得する必要がありますが、取りあえずは体験ダイビングなどで入門してみてはいかがでしょうか。一度きりの人生ですので、敷居が高いと敬遠せずに、スキューバーに関わらず何か思い切った趣味を持つのも良いものです。

コロナ禍で何かと制限も多く、自宅に籠りがちな今、自分に合った新しい趣味探しに時間を使うのも楽しい事かもしれません。

以下、水中で撮った写真を掲載しますが、コンデジくらいの価格でこれくらいの写真が撮れるカメラが入手できる時代となりました。

 

 

日本オリンピックミュージアムがあるのをご存知でしたか?

少し前のことになりますが、今回は2月に行った日本オリンピックミュージアムについて紹介します。

場所は、新国立競技場の近く、日本青年館ホテルのすぐ隣にあります。

2月はまだオリンピックが延期決定の前でしたので予約なしで入館できました。今は、HP上で予約が必要とのことです。30分毎に定員60名、観覧時間は1時間以内。

入館料は、大人¥500、シニア(65才以上)¥400、高校生以下は無料です。

 

まず、皆様お馴染みのシンボルマーク、五色の輪が出迎えてくれます。

次に館内に入ると1Fは東京2020聖火のトーチ、選手の公式ユニファーム等があり、気分も上がります。2月にはなかった聖火もギリシヤから採火されリレーのスタートを待っています。

 

2Fに上がるとオリンピックの歴史にふれることができます。今まで参加した大会についてや、参加した国の旗やピンバッジ、聖火リレーのトーチ等々、シアターでは過去の大会の開会式の映像も見ることができます。

残念ながら今は体験できなくなってしまいましたが、オリンピアンの身体能力に挑戦するゲームもありました。

 

庭には前回の東京大会で使われた聖火台(旧国立競技場にあったもの)の3/4スケールのレプリカや札幌大会、長野大会の聖火台などもあります。

 

来年約10か月後、どんな景色が見られるでしょうか

折角購入したチケット、無駄にしたくないなと思いつつコロナの終息を願うばかりです。

 

皆様、マスク・手洗い・ソーシャルディスタンス 続けていきましょう。