管理部業務・物流課です。宜しくお願い致します。

10月から旧業務課と旧物流課が統合した管理部業務・物流課です。その中で、私が所属している八千代工場の旧物流課の現場作業を簡単に説明致しますと、原料や包材をトラックから積み下ろし、倉庫へとしまう「入荷」作業の部分と、製品を倉庫から取り出し検品した上で、トラックに積み込んだり、ドライバーへと引き渡す「出荷」作業の部分があります。この両者の工程の中間にあるのが当社では主に製造工程であり、入荷業務は製造部へと原料を引き渡す工程、出荷業務は製造部から出来上がった製品を受け取る工程が、それぞれ日々の業務として存在します。

                                   

さて、当社の社名は“富士”化学工業株式会社であり、その由来は日本一高い山「富士山」にあります。富士山といえば、登ったことや実際に目で見たことが無くとも、日本人なら誰もがその存在や姿、ロケーションをイメージ出来ると思います。では日本で「二番目」に高い山は何でしょうか?これはそれなりの山好きか雑学好きでないと答えられない質問だと思います。正解は山梨県にある南アルプスの「北岳」です。富士山は独立峰に対し、北岳は連峰の一つのピーク、また標高も3776m3193mとかなり開きがあることも大きな要因ですが、1位と2位ではこれほど知名度や存在感に差が生まれてしまうという状況や場面が、山に限らず多々あるのではないでしょうか。当社もその名に恥じない存在を目指していきたい次第です。

【北岳山頂より望む富士山】

岡田さん北岳より富士山

生産技術設備管理課より、八千代工場新規設備増設状況をご紹介致します!

1.  液体製造に10,000Lのストックタンク関連設備を導入設置しました。  この設備は少量多品種の液体製造の増加に対応するもので、原料もしくは製品のストックに使用できるように設計されています。これを加えて、八千代工場では10,000Lストックタンクは4基になりました。以下は現在のストックタンク外観写真(右は今回増設タンク)です。

タンクヤード

 

2.  粉体製造に1,000Lの横型リボンミキサー関連設備1機を増設しました。今回増設した関連設備は、リボンミキサー、集塵機、充填計量設備およびホイストクレーンから構成されます。これによって、弊社既存の縦型ナウターミキサー(八千代工場1,000L×1機、つくば工場3,000L×2機)および既存の300Lマゼラ×1機と300L縦型ミキサー×1機と合わせて粉体製造設備は計6機となりました。

これらの、種類と規模の違う粉体製造設備によって、粉体の少量多品種製造により幅広くより機動的に対応できるように強化され、フレコンの原料および製品の対応も強化されました。以下今回新規増設した横型リボンミキサーの外観写真です。

IMG_5271

リボン近観IMG_5144

部門紹介

今回は、総務部総務課をご紹介いたします。

総務部の使命は「社内全体を見渡し疎遠になりがちな経営陣と現場、部署と部署をつなぎ社員全員を経営陣の目指す目標に向かわせること」とよく言われますが、「何でも屋」のイメージが強く仕事内容は「その他の部署では扱わないが会社にとって必要不可欠な業務のすべて」といったように、非常に広範囲なものとなります。

大企業では別部署(人事部、法務部、広報部や経営企画室など)で管轄される業務であったとしても、中小・ベンチャー企業にはそもそもその部署がないということが多く「ユーティリティー」としての総務力がより強く求められます。現場社員の目線に立ち現場と経営をつなぐ架け橋となる、また、公正な視点を持ち会社のアクセル/ブレーキの両方を担うことが求められてきます。

最近、「助成金・補助金」という言葉は良く耳にするかと思います。弊社では、そういった「助成金・補助金」をできる限り利用し、設備投資や人材育成等に有効活用しております。そういったことも総務課の業務となります。ただ有効活用するだけではなく「助成金と補助金の違いは何か?」といったような従業員からの素朴な疑問にも、双方の特徴や種別、メリットとデメリットなど細かい部分までわかりやすく説明できるよう常に情報収集を実施しております。

今後も、社内イベントなどで社員を活性化させつつも、コンプライアンスを徹底し、社員が足を踏み外さないようにチェックするなど、その場の状況を冷静に判断し、促進役と制御約の2つの役割を臨機応変に使い分け業務に取り組んで参りたいと思います。

総務部 総務課

 

 

 

 

八千代工場 調合タンクの紹介

本日は「既存設備紹介 第三弾」として、八千代工場の調合タンクをご紹介いたします。

弊社八千代工場では、薬剤の調合釜に「樹脂タンク」を採用しており、20L~2,000Lまでの幅広いサイズを計60数個余り取り揃えております。樹脂タンクは、軽量でタンク自体の移動が容易にできるため、製造品目に合わせた配置または設置を柔軟に行うことができます。これが少量多品種製造を可能にしており、”必要なモノを必要な時に必要な量だけ生産する” 完全受注生産システムのサービスをお届けできる要因となっております。工程間在庫の最小化など、お客様の課題解決に是非ご活用ください。

その他、材質がポリエチレン樹脂であることから、ほとんどの無機薬品に使用することができる上、ステンレス製では不向きな強酸性にも対応できるなど使い勝手が非常に良いことも特徴の一つです。

※写真は左から2,000L、1,000L、500L、300L、200L、50Lとなります。

%e6%a8%b9%e8%84%82%e3%82%bf%e3%83%b3%e3%82%af

4連式自動充填ラインのご紹介

本日は「既存設備紹介 第二弾」として、4連式自動充填ラインをご紹介いたします。基本的な能力としては、18kg~20kgのポリ缶を1時間に300缶程度充填できるものです。5立米のジャケット付き(温度調節機能)SUSタンクと直結しているので、薬剤の混合から充填完了及びパレタイズまでをスムーズに行うことができます。

弊社では、20~2,000Lまでの「少量多品種製造」を得意としておりますが、3,000~8,000L程度での中ロット製造も得意としており、今回ご紹介させていただいたような自動充填ラインをいくつか所有しておりますので、それらを駆使して品質の良い製品をコストパフォーマンスの良い形で安定供給することができます。ポリ缶、ドラム、IBCコンテナーは勿論、ローリーへの充填も可能ですので、是非、ご活用ください。

4%e9%80%a3%e5%bc%8f%e8%87%aa%e5%8b%95%e5%85%85%e5%a1%ab%e6%a9%9f